しっかりと査定を行うこと

間取り

マンション売買をする人は、どれだけ高い金額で売却するかに関心を持っている人は多いはずです。特に投資家ならば、高い金額で売却するためにマンションを購入したわけですのでマンション売却の場面では金額にこだわっていくでしょう。ですが、投資に関係なく購入した人は、あまりこだわろうとしません。額が大きすぎて、感覚がマヒしてしまうからです。例えば、ある不動産会社に査定をしに行ったところ、2000万円といわれ別のところに査定お願いしたら2010万円と言われたとします。額が大きすぎると、10万円の違いですが同じに見えてしまいますが実際は10万円を稼ぐのはなかなか大変です。ほんのわずかな違いでも、少しでも有利なところに売却できるよういくつかの業者に査定をお願いしてみることが大事です。

査定額以外で決めておくこと

スーツの女性

査定額に注目することは悪くありませんが、単に査定額だけで決めてしまうと何かと問題が生じることがあります。マンション売却を手伝ってくれる不動産会社の中には、高い査定額を出しておきながら実際に売却できないようなこともあります。いくら査定額が高くても、お客さんが購入してくれなければ値段を下げざるをえません。そうだとすれば、単に査定額だけに注目してしまうのは問題と言えます。査定額に注目する場合は、本当に無理のない査定額を設定してあるのかを事前に調べておかなければいけません。そのためには、質の高い不動産会社や評判がよい不動産会社を選ぶことが重要になります。

仲介手数料をとる仕組み

男女のイラスト

マンション売却をする場合には、不動産会社に仲介をお願いすれば仲介手数料を支払わなければなりません。仲介手数料の仕組みは、不動産会社が面倒な売却手続きを行ってくれることと買い手を見つけることに対する手数料と考えておけばよいでしょう。どれぐらいの金額になるかを不動産会社によって若干異なりますが、おおむね物件価格の3パーセントほどです。そこに消費税が含まれて金額が、不動産会社に支払う仲介手数料と考えておけばよいでしょう。

小さな不動産会社でも買い手が見つかる理由

スーツの女性

不動産会社を選ぶ際には、小さな不動産会社を選んでしまうとマンション売却をすることができないのではないかと疑問に感じる人もいるでしょう。確かに、小さな不動産会社など、買い手を見付けるときに時間がかかってしまうのではないかと考えてしまう人もいます。ですが、小さな不動産会社でも大きな不動産会社でも、実は売却する時の条件はほとんど変わりません。なぜなら、売却する物件自体はどの不動産会社のホームページにも登録されることになるからです。どの不動産会社のホームページからでも売り物件を閲覧できるとすれば、大きな不動産会社も小さな不動産会社も違いは事実上ないことになります。

広告募集中