HOME>アーカイブ>住宅ローンが残るマイホームを売却したいなら専門家に対処してもらおう

住宅ローンの残りに関係なく売れる

住宅模型

現在住んでいるマイホームを売却したときに、手にできるお金が住宅ローンの残金よりも多いのなら売ることは可能です。しかし、売却金が住宅ローンよりも少ないのならば、自分が建てたマイホームだとしても売りにだすことはできません。しかし、それでは困ったことになる方が多いので、任意売却というシステムが用意されていて、どのような状態でもマイホームを売れるようになっています。ただし、手続きする方によって結果が異なるので、より多くのお金を手にしたいなら、任意売却ができる方に頼むようにしましょう。周りにいればよいのですが、一般の方では頼れる方はいないでしょうから、商売としてサービスを提供してくれる専門家に相談したほうがよいです。知識がある専門家に金融機関とのやり取りを任せてしまえば、勝手に話を進めてくれるので、何もせずともマイホームに見合った金額を手にすることができます。

より専門的な方に依頼する

グラフ

弁護士などの法律の知識がある方になら、任意売却の相談ができる可能性はとても高いです。しかし、必要なのは法律の知識というよりも、任意売却の知識なので、依頼をするところには気をつけましょう。任意売却の専門家を見つけるのは難しくないので、法律に詳しいだけの方にわざわざ相談する必要はありません。なお、任意売却を専門とするところならば、お金の負担がかからないように、無料相談と手続き終了後の費用請求を行っています。したがって、手元に専門家を雇う費用がなかったとしても、問題なく相談できるので、ためらわずに連絡を取ってみましょう。疑問にはすべて答えてくれたうえで、マイホームを売るための手続きをスタートしてくれます。

広告募集中